メニュー一覧

エリア別インプラント歯科

はじめてのインプラント

インプラントが何かをご存知ですか。虫歯や歯周病、または外的要因によって歯が欠損してしまったり回復が難しいほどに外傷を受けてしまったりした場合にその歯を一度抜いたうえで、人工的に作られた義歯を歯の合った箇所に埋め込むことである。

インプラントが普及する以前はブリッジといって失った歯の左右の歯を削ってその削った部分を失った歯の合った部分に埋め込む方法や、取り外し型の入れ歯などが使われていたが、ブリッジは削った歯の寿命が短くなるだけでなく虫歯になりやすくなり、取り外し型の入れ歯は、堅い物を噛むと歯茎に痛みがあったり、噛んでいるうちに入れ歯が動いたりするという問題があった。

その問題を解決したのがインプラントであり、義歯が外れてこないように人工歯根といって純チタンまたはチタン合金で作られた歯根を埋め込み骨と直接つなげるため、まず外れるということはありえない。しかしこの手術は自由診療のため医療費が高額になりやすく、歯を埋めるためには手術をするため失敗のリスクも0ではない。

吉祥寺のインプラント歯科

また外科的なダメージがあるため感染症などに対する定期的な検査は以前の歯であった時よりも多く必要になる。そして相談から始まり検査、2回ほどの手術を通して義歯が完成するため、実際義歯を埋める過程はかなり長い期間にわたる。確かに失った歯を補えるということは素晴らしいことではあるが、問題もないとは言えないので、手術を受ける前にはよく考える必要があるようだ。